参考資料

省エネ、CO2削減に向けた法改正と法対応業務

ライン
●2050年までに世界全体の温室効果ガス排出量を50%削減
●日本は60〜80%の削減を目指す   ※洞爺湖サミット/2008年7月
対象企業は専門知識・スキルが必要。しかし・・・
「法律は守らなければいけないのだが…」
⇒どう対応すべきかがわからない
  ・膨大な業務が新たに発生し、負担が大きすぎる
  ・専門知識やノウハウがない
「データ収集が煩雑すぎて…」
⇒各拠点からデータを取り寄せるにしても多すぎて
 対応しきれない
⇒テナントデータが分からない
「どうすれば省エネできるか分からない…」
⇒どうすれば省エネになるか分からない
「報告義務があるというけれど…」
⇒報告書の作成方法やルールがわからない
  ・自治体によって規制内容やフォーマットが異なる
  ・業務負荷が大きく、手間がかかる
「じゃあ、一緒になって取り組める企業はどこ…?」
⇒頼れるエネルギー管理支援サービスが見つからない
  ・アウトソ−シングの方法がわからない
  ・我が社の身になって対応してもらえるのか不安
点線
ライン
END 上へ戻る Copyright (C) 2007 JAPAN FACILITY SOLUTIONS,Inc. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2007 JAPAN FACILITY SOLUTIONS,Inc. All Rights Reserved.